ロゴ

規格取得後の取り組み

取得するメリット

ISO規格を取得すれば消費者や顧客、取引先からの評価が高くなります。また、行える仕事の幅も広がってくるため企業としての功績は大きくなるでしょう。

取得した後の取り組み

ISO9001のように品質に関する規格を取得した場合、取得後そのシステム通りに動いているかが問題になります。せっかく取得した規格も遵守して取り組まなければ力を発揮することが出来ないのです。

規格をうまく活かすには

取得したISO規格を活かすにはISO審査機関に認めてもらうのが一番いいでしょう。ISO審査機関では定めたルールやシステム通りに働けているのかを判断してくれる機関になるので、その機関に認めてもらえば業績も良くなるはずです。

成功したISOとは

企業や業務にISO規格がぴったりと当てはまれば、生産スピードの向上、作業の効率化、社員の意識レベルが上がるなど恩恵を受けることが出来ます。無理なく継続出来るシステム作りを目指してISO規格を取得しましょう。

ISO取得後に気をつけることランキング

no.1

継続して続ける

ISOの取得後で最も気をつける部分として継続して続けていくことが選ばれています。大手企業などでは毎日決められたルールを欠かさず行なうことで習慣づけをするといった取り組みがされています。

no.2

やれることからやる

様々な企業でもまずは出来ることから着手する、というのが基本になってます。これはISOを成功させるために必要な取り組みになっており、基本業務を疎かにしないという部分で気をつけたいと企業の多くが注意しています。

no.3

細かく明確にする

誰が何をするのか、何のために行なうのか、を明確にすることで業務に対しての意識が高まります。これはISOの取得する際に必要な部分になりますが、取得後でも気をつけなければならないとされています。

no.4

わかりやすくまとめる

新入社員として入社した社員に対して、業務に関する分かりやすいマニュアルを用意しておかなけば業務の効率が悪くなります。ISOを取得した企業でもこの部分を見落としていることもあるので気をつけましょう。

no.5

意味のある監査をする

ISO取得後に気をつけたい部分として監査が含まれています。監査の目的は取得したISO規格のシステムが機能しているかの確認になるので、監査は見直しや改善において重要な役割を担っているので注意しましょう。