ロゴ

内部監査セミナーの注意点

内部監査セミナーには対象となる企業が定められている場合があります。ISO規格の認証取得完了企業が対象になっていることもあるので、参加するセミナーの対象に自社が含まれているのかをきちんと確認しましょう。

改善点を探すために

現状維持よりも向上心を持つ

現状維持を目標にしていては企業としての成長が止まってしまう可能性があります。改善すべき部分を考えたり、向上心を持つことで新しい発見や社員の成長に繋がっていくのです。

内部監査のメリット

内部監査を行なうことで日頃から行っている業務の改善点や見直しが可能になります。またISO9001の規格を取得していた場合には、その規格通りの動きが出来ているのかの確認を取ることも出来ます。

意味のある内部監査を

内部監査を行なうのであれば、どの部分がダメでどうしたらいいのか、という具体的な監査を行わなければ意味がありません。監査を行なう方もきちんと監査技法を身につけておく必要があります。

内部監査のセミナー

内部監査は誰でも出来る訳ではありません。そのため内部監査についてのセミナーに参加してみることをオススメします。このセミナーに参加すればどのような基準で判断するのか、報告書の作成方法などの知識を身につける事が出来るでしょう。

内部監査セミナーのコース

内部監査のセミナーにはコースがあります。監査の経験がない方々に向けて基礎部分を教える基礎コースや、スキルアップを目指して応用や指摘方法を教えるコースなどがあります。必要な知識に応じて選択しましょう。